『百物語 ~ほんとにあった怖い話~』――稲川淳二さん監修!CD-romの大容量を活かした古き良き怪談録。

Pocket

こんばんわ、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
今回発掘した作品は、1995年8月にPCエンジン用ソフトとして発売されたサウンドノベル『百物語 ほんとにあった怖い話』。朝日ソノラマ発行の怪談集『ほんとにあった怖い話』(稲垣吾郎さん主演で定期的にやっているドラマのアレ)に寄せられた一般投稿の実話怪談にビジュアルとサウンドをつけて読んでいくというものです。


ホラー系のサウンドノベルというと『弟切草』や『学校であった怖い話』や『ざくろの味』といった作品がありますが、本作がそれらと決定的に異なるのは、物語に分岐がなく、選択によるストーリー変化も存在せず、収められている100本の怪談を読んでいくだけという点。そのため、ゲームというよりは「本を読んでいく」感覚であり、デジタルノベルというべき代物です。

このように書いてしまうと、ゲームとしての魅力があまりないような印象を与えてしまうかもしれませんが、俺は違う見解をしています。これは、サウンドノベルの新しい進化を模索した作品である、と。サウンドノベルというジャンルは、-パーファミコンでチュンソフト作品から生まれて、チュンソフト作品によって進化していきました。『弟切草』、『かまいたちの夜』、『街 ~運命の交差点~』…。多くのサウンドノベルが、チュンソフト作品のいずれかの亜種であった中、本作はオリジナリティを貫いています。

SUPER CD-rom2という大容量による生音によるBGM、PCエンジンならでは描画機能を活かして、「実話怪談を読む・聞く」ことだけに特化。多くのサウンドノベルがストーリーに干渉する「参加」をするのに対して、ストーリーに干渉することなく講話を聞く側として「参加」をするという、まさに「百物語会」に参加する一員となるバーチャル体験、独特の世界観を作り上げているのです。

ゲームレビューから話は一旦それるのですが、俺自身、20代の頃はインターネット上に存在していた怪談サイトによく出入りしており、いたこ28号さんが運営している『あっちの世界ゾーン』の百物語オフ会に何度も参加していました。東京都文京区にある旅館を大広間を借りて、40名近い参加者たちが車座になって、一晩中、怪談を語り合うというものです。大体、23時頃からスタートするのですが、100話いくのは難しく手ですね、明け方の6時までで70話いくのがやっとというのがリアルなところでした。最大の敵は「飽き」なんです。同じような話が続くと飽きてきて、睡魔に勝てなくなるんですね。

なので、本気で「百物語をやろう!」と思ったら、一番大切なのは語り手の選出です。怪談の語りが上手く、さまざまな話の引き出しを持っている人たちを集めないと、百物語の完遂は難しいのです。100話というのは、それだけボリュームがあるものなのですよ。そしてそれは、本作においても避けられない問題となって立ちはだかります。

本作は、『ほんとにあった怖い話』に寄せられたさまざまな投稿作品、稲川淳二さんご本人によって語っていただくスペシャルストーリー、学校の怪談、首都圏のホラースポット紹介と、バラエティに富んだお話が集められています。プレーヤーが飽きないようにする配慮です。かなりの配慮がされています。

それでも怪談を聞きつづけていると飽きてくる。これはネガティブに聞こえるかもしれませんが、俺が言いたいのはむしろ逆で、まさにそれが「百物語」なのです。何が言いたいかというと、本作が与えてくれる百物語への参加の没入感は素晴らしく、かなりリアリティがあるということです。別の言いかたをすると、本作は人を選ぶということなのですが(笑)

実話怪談のトレンドは、本作が発売された1995年から大きく変わっていきました。メディアワークスから『怪談新耳袋』が出て、竹書房から『「超」怖い話』シリーズが出て、近年ではさまざまな怖い話語りのイベントが開催されており、実話怪談というジャンルは進化し続けています。

朝日ソノラマの『ほんとにあった怖い話』は、正直なところ、2019年現在から見るとテイストが古い。夏によると特番としてドラマ化されていますが、やっぱりちょっと古い。しかしそれは、逆の見方をするならば、古き良き90年代の実話怪談なわけで。稲川淳二さんが怪談というジャンルを牽引していた時代が味わえる側面もあると思います。

2019年現在、PCエンジンSUPER CD-rom2のソフトを気軽に遊ぶのは難しいと思うのですが、夏ということもあり、個人的なお気に入りの作品として、今回はこちらの作品をご紹介させていただきました。
 

<Amazonで購入する場合>


<駿河屋で購入する場合>


1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!


=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。