【雑談】 裏切られたという前に己の無知を恥じろ


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gameraiders/retrogameraiders.com/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
Pocket

untitled

購入して「裏切られた」なんて書く奴は、お前が無能なだけさ。

こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

同じゲーム系ブログをやっている後輩と飲んだのですが、途中から説教モードに入っちゃったんですよ。何があったかというと、その後輩が先日、楽しみにしていたゲームを買ったそうなんですけど、どうやらやってみたら思っていた内容と違っていたらしいんですね。アタマに来たのでブログで散々こき下ろしたと言うんです。「ジョーンズ先輩、むかつきませんか?どう思います?」なんて聞くんで、

 「ゲーム系ブログをやっているほどのゲーム好きが、
 発売前のゲームの良し悪しも予想できないなんて無能の証明でしかない」

と罵ってやりました。

フツーは分かるものなんですよ。フラッと立ち寄ったお店でパッケージだけ見て「面白そう!」って買うわけじゃないんだから。事前に情報は出ているし、そこからこんな感じのゲームかなって、想像力を働かせればイメージができるはずなんです。それをしないのはただバカなだけなんです。それをブログで全世界に公開するなんて「自分は無能です」と言いふらしているようなものじゃないですか。

ここには、最近の若者に顕著な二つの特性が隠れています。
 一つ目は、「自分で考えず、まわりの情報に頼りすぎる傾向」。
 二つ目は、「“損をする”“負ける”ことを異常に忌避する傾向」。

ふたつとも悪いことじゃない。しかし、度がすぎると「自分で判断する」という能力が劣ってしまう。その結果、ゲームをするときのスタンスがどうなるか。マグロです。さあ、メーカーさん、ボクちんを楽しませてくれよと、与えられることがすべてという感じ。自分からは何もしません。セックスなら確実に相手に嫌われるタイプですね。

この手のタイプのブロガーやゲーマーに共通しているのは、記事が面白くないこと。ここでいう面白いというのは、「自分の考えが文章内にある」という定義です。それっぽいレビューの体裁をとっていますが、どこかの受け売りだったり、やたら細かいローディング時間やグラフィックへの情報はあっても、自分の考えがなかったりします。

ここまで書いておいてなんですが、別に、そういうブログを否定するつもりはないのです。私がここで言いたかったことは、「そこに、あなたの考えはあるのか?」という問いかけです。

どんな買い物においても、購入するタイミング、購入金額、購入する商品の選択と自由は常に消費者のほうにあって、不良品でもないのに買ったものにケチをつけるなんてアタマのおかしいクレーマーしかやらないことなのです。「損させやがって許せねえ」なんていきり立つ前に、「商品について見抜けない自分のマヌケさ」を改善してほしいものですね。

まあ、バカにつける薬はないものなんですが。

Similar Posts:

    None Found