【迷作発掘】戦いの決着はアクションRPGで!『ドラキュラII 呪いの封印』

Pocket

ドラキュラⅡ_2

傷ついた体にムチ打って。 シモン、トランシルバニア一周の旅。


真 夜 中 に な る と 、歯 ぐ き か ら 血 が 出 ま せ ん か ?


こんばんわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

今回、発掘した作品は、コナミが1987年8月にリリースした『悪魔城ドラキュラ』の続編、『ドラキュラII 呪いの封印』です。前作のモンスター系ホラー映画風味の世界観はそのままに、ゲームジャンルはステージ制アクションからアクションRPGに変更。そのあまりの変わりように、今尚、一般的に評価が高いとはいえない作品です。しかし、本当にそうなのでしょうか? 今回はそのあたりに切り込んでみたいと思う。

candles 戦 慄 の ス ト ー リ ー
redline
あの悪魔城の戦いで、見事ドラキュラ伯爵を滅ぼしたシモン・ベルモンド。しかし、その戦いの中で受けたキズはシモンの肉体を蝕んでいった。7年の月日が流れ、近い未来の自らの死を悟ったシモンは、ベルモンド一族が眠る天使の丘の墓へと足を向けていた。そこに謎の女性が現れる。

「あなたの肉体は、ドラキュラから受けたキズによって呪いをかけられています。このままではあなたは死に、力を取り戻したドラキュラ伯爵はふたたび甦るでしょう。それを阻止する方法はひとつ。このトランシルバニアの地には、ドラキュラ伯爵が死んだ際に散らばった、6つの体の一部を奉じる館があります。ドラキュラ伯爵はそこで100年間の眠りの中で力をつけていくのです。あなたは、その6つの体を集め、それを滅ぼさなければなりません。そうすれば、体にかけられた呪いは解けるでしょう」

女性は、現れた時と同じく、そのまま闇の中に消えた。

シモンは自宅に戻り、二度と使うことはないと思っていた先祖代々のムチを取る。ムチはシモンが握り締めると、呼応するかのように光を放った。1698年、シモン・ベルモンドは再び魔を絶つ戦いへと身を投じることとなった。ドラキュラの呪いを封印するために。

01

02

candlesゲームブランドとしてではなく、“作品”として生まれた宿命。
redline
ひと昔前、ゲーム業界というのは吹き溜まりでしかなかった。いろんなジャンルで夢やぶれた人たちが、生きていくためにそのクリエイティブをゲームという媒体に注ぎ込む。そうして生まれたのは、彼らの“作品”であり、ゲームという商品とはまた違った面を持っていたと思う。80年代のゲームに独特の輝きがあるのはそのためだ。『ドラキュラII』もそんな環境の中で生まれた作品のひとつといえるだろう。

普通に考えれば、大ヒットした悪魔城ドラキュラの続編ならば、前作のシステムを踏襲し、よりパワーアップさせるというゲームデザインになる。しかし、本作はそんな手段はとらなかった。上層部より「流行りのRPGの要素を入れろ」というお達しこそあったかもしれないが、この続編を≪モンスター系ホラー映画の世界観における乾坤の血族、シモン・ベルモンドの物語≫であることを貫く。ゲームテンポが遅くなるのも、ステージが増えるのも、この作品のマイナス面ではない。この作品は「悪魔城に攻め込む話」ではなく、「自らの生きる術を求める果てしなき探求の旅」なのだ。一夜限りの決戦と趣が変わるのは当然のことといえるだろう。

03

04

candles朝まで待てない!牙を剥くドラキュラRPGの恐怖!
redline
さて、本作は前作同様のサイドビューアクションとして、各地域を旅していく。森林、湖、洞窟、沼など、今回の舞台は自然の豊かなトランシルヴァニア全域。夜の悪魔城城内しかなかった前作と違い、今回は太陽がのぞむ白昼のもと、その美麗なグラフィックでドラキュラの新たな世界を楽しませてくれる。ステージを越えると街があり、そこでは敵を倒すことで得られるハートでアイテムや武器を購入することができる。また、教会では傷ついたHPを回復させることも可能。硬派なアクションだった前作に比べて、「カンタンになった」という感想を持っていただけるはずだ。そう、夜がくるまでは…。

『ドラキュラII』には内臓タイマーがプログラムされており、一定時間が経過すると突然、次の文字が画面に表示される。

  ソ シ テ、戦 慄 ノ 夜 ガ  オ ト ズ レ タ !

06

いきなり暗くなる画面!美しかった背景はおどろおどろしい色合いに変わり、BGMはアップテンポなものに!そう、ここからがドラキュラIIの真骨頂。闇夜に包まれたトランシルヴァニアこそ、このゲームの真の姿なのである。夜は闇の眷属たちの時間!本当の戦いはこれからだ!

07

08

夜になると、すべてのモンスターたちは攻撃力が2倍、耐久性も2倍、出現回数も増加する!逃げる場所なんて存在しない! 昼間は人々の憩いの場であった街も、夜は戦場の一つでしかない。ゾンビが徘徊し、シモンに息を付かせる間も与えないのだ。しかしも、すべての施設は朝になるまで使用不可! 当然、HPを回復する手段は一切ない! まさに極限のサバイバル! 昼間のレベル上げは、夜を戦い抜くための前哨戦だったとでもいうのであろうか?

後年、『サイレントヒル』で採用される死と絶望に彩られた裏の世界。実は、コナミは同様のコンセプトを1987年の段階でゲームに取り入れていたのだ。先に私は、『ドラキュラII』を前作とまったく異なるゲームデザインという言い方をした。その通り! アクションパートの難易度・緊張感は前作をはるかにしのぐ。とにかく、敵を倒し、倒し、倒し、朝が来るのをひたすら待つしかない。やがて訪れる朝日を…。

  悪 夢 ノ ヨ ウ ナ 夜 ガ 明 ケ タ !

この文字の表示とともに、夜は終わりを告げる。「助かった!」。そんな声が思わず出てしまうゲーム、それが『ドラキュラII 呪いの封印』なのだ。

candles世界観はこの作品から広がっていった!
redline
『ドラキュラII 呪いの封印』の最大の功績は、「この作品をもって悪魔城シリーズの世界観を構築した」という点にある。ただの悪魔城殴りこみアクションから、まさに“キャッスルヴァニア”というべき舞台となるトランシルヴァニアが描かれた。また、前作以上の魅力を放つ、ドラキュラの体の一部を守護する悪魔たち。こういったエッセンスは、魔力がもっともヨーロッパを覆っていた暗黒の17世紀を舞台とした、闇の眷属と人間の最大の戦いを描く『悪魔城伝説』で見事に昇華されることになる。

ベルモンド一族をめぐる物語はアクションゲーム以外でも描ける――。本作からは、そんなクリエイターの自信を感じさせる。「前作らしさを感じなくなった」なんてレビューはクソくらえだ。ドラキュラの魂は、間違いなくこの中に眠っている。その鼓動を感じられるゲーマーに栄光あれ、と私は言いたい。

09

▼名曲はこれらのCDで楽しめるぞ!▼
   

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!