【誤報!】 3DS『ファミコン探偵倶楽部PART3 空木俊介最後の事件(仮)』、2013年春発売決定!

Pocket

NEWSタイトル

しかも、シリーズ完結篇だって!?

さる3月31日、株式会社任天堂はゲーム雑誌関係者、ゲームブロガー向けの「任天堂カンファレンス2012春」を開催。そこでは、ニンテンドー3DSの新作ラインナップが多数発表された。その中で、レトロゲームレイダースがもっとも興味を引いたのが、23年ぶりの続編となる『ファミコン探偵倶楽部 PART3』だった。

≪概要≫
【タイトル】 『ファミコン探偵倶楽部PART3 空木俊介最後の事件(仮)』
【プラットフォーム】 ニンテンドー3DS
【価格】 未定
【発売時期】 2013年春

≪今回明らかになった内容≫
・ストーリーは消えた後継者の3年後
 探偵・空木俊介が何者かに殺されるところから物語ははじまる。
 今回は過去二作とは異なり、空木が死ぬ直前まで追っていた事件の真相究明、
 そして謎に包まれていた空木の過去・人生が明らかになっていく

・プレイキャラクターは、「主人公」と「橘あゆみ」
 片方がある聞き込みをしている際に、もう片方が別の調査をする…というように、
 シーンごとにどちらのキャラを操作するか選べる。

・今回も前編・後編の二部構成
 とはいえ、パッケージとして発売されるのは、「前編」だけ。
 後編はダウンロード販売。価格は500円(ディスクシステムの書き換えと同額)。
 前編のセーブデータがあると、後編をダウンロードできる仕組み。

・企画は、ニンテンドーDSの時からあった
 プロデューサーは、シリーズの原作者である坂本賀勇氏。
 シリーズの完結篇にふさわしい完成度のシナリオ作成に、6年かかったとか。
 『消えた後継者』が横溝正史の世界、
 『うしろに立つ少女』が学園物ホラー、
 今回は、民俗学的なおどろおどろしさを踏まえた作風になるという。
 作品のテーマは「選択」
 空木俊介亡き後、主人公と橘あゆみがどんな生き方を選択するかが一つの見所。

『消えた後継者』と『うしろに立つ少女』も3DSでリメイク決定
 とび出す消えた後継者、後ろからとび出す少女をご堪能くださいとのこと。

※くわしい真相は下記をご参照ください!

4月バカ

すみません、すべてエイプリルフールのネタでした。

本当にすみません。

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!