【怖い話】 夕闇、マンション、4Fの窓

Pocket

稲川さん

黄昏時には、怪しい世界とつながる何かがあるんですかね…。

知り合いから聞いた話。
心霊とかに結び付かないかもしれないことを、先に付け加えておく。

その女性、Sの実家の近くにマンションが建っている。
大きなマンションだ。
建物の前には大きな公園があり、さらに駐車場があり、道路がある。
Sは、その道路を毎日通って、バイトに行き、家に帰る。

“それ”を発見したのは、ある夏の夕方だった。
何気なく見た、マンションの4階の左から何番目かのベランダのある窓に、
へんなものが見えた。

いや、正確にはよく見えない。
なぜなら部屋の明かりはついておらず、部屋の中は暗いからだ。
窓にカーテンは付いていない。空き家なのか?

その窓の奥に見えたのは、「足」だった。

人間の足。

床につま先を着けられない高さで、
宙に浮いて、ブラーンブラーンと振り子のように揺れている。
「え!?」と思うが、
目をこすってもう一度見ても振り子は変わらないままだ。
やがて、太陽の沈む角度のせいか、部屋はより暗くなり、
何も見えなくなってしまった。

事件の可能性がある。
自殺かもしれない。
しかし、Sさんは何もしなかった。
あまりにも見たものが非現実的だったからだ。
それに、部屋の中で長めのパンツを干していただけかもしれない。

そのうち、誰かが見つけて事件になるだろう。
そう思っていた。

事件にはならなかった。
そのかわり、何も解決はしなかった。
最初に見つけてからすでに2年もの月日が立ったが、
今でも夕方になるとたまに見えるのだという。

マンションの4階の左から何番目かのベランダのある窓に、
部屋の中で、振り子のように静かに揺れる両足を。
男なのか、女なのかも分からない。
何かメッセージがあるのかもしれないし、
過去の出来事を再現しつづけているだけかもしれない。
脳が見せるまぼろしの気もするし、
超常現象の一環のような気もする。

ただ、それは、揺れ続けているのだとか。

ブラーン、ブラーン、ブラーン…と。

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!