【名曲発掘】 『シアトリズム FF』─―タッチペン「にとうりゅう」の「みだれうち」でリズポを「ぶんどる」!

Pocket

タイトル

何度聞いてもグッと来る!
FFシリーズが好きならきっと好きになれる一作!!

ファイナルファンタジーシリーズの“25周年記念作品”として生まれたニンテンドー3DS用ソフト。1987年の『1』~『13』まで、各シリーズの「戦闘」、「フィールド」、「代表曲」の3曲でリズムゲームをプレイすることができる。プレイできる収録曲は3×13で39曲!ゲーム中のいたるところにもシリーズの名曲を使用!ダウンロードコンテンツでは、さらに懐かしの名曲たちを召喚することも可能に!25年間シリーズに付き合ってきたFFバカ一代こそ、ハードを買ってでもやらねばならないだろう。

ブログ代表
こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

今回発掘した作品は、ファイナルファンタジーシリーズ25周年を記念して生まれたシリーズ初のリズムアクションゲーム、ニンテンドー3DS用ソフト『シアトリズム ファイナルファンタジー』です。

ひと言で言ってしまえば、「シリーズの名曲たちをタッチペン叩き&こすりで遊べるリズムゲーム」。1プレイに3分かからないので、ちょっとした時間つぶしに最適。逆に、長時間ぶっつづけのダラダラプレイには向いていないため、実に大人の紳士淑女向けゲームといえるでしょう。


※これはただの戦闘メドレー。

クリスタル収録曲
redline

※BMSとは、バトル・ミュージック・ステージのこと
※FMSとは、フィールド・ミュージック・ステージのこと
※EMSとは、イベント・ミュージック・ステージのこと

ファイナルファンタジー
 戦闘シーン(BMS)、メインテーマ(FMS)、オープニング(EMS)
ファイナルファンタジーII
 戦闘シーン2(BMS)、メインテーマ(FMS)、反乱軍のテーマ(EMS)
ファイナルファンタジーIII
 バトル2(BMS)、悠久の風(FMS)、水の巫女エリア(EMS)
ファイナルファンタジーIV
 ゴルベーザ四天王とのバトル(BMS)、FFIV メインテーマ(FMS)、愛のテーマ(EMS)
ファイナルファンタジーV
 ビッグブリッヂの死闘(BMS)、4つの心(FMS)、はるかなる故郷(EMS)
ファイナルファンタジーVI
 決戦(BMS)、ティナのテーマ(FMS)、セリスのテーマ(EMS)
ファイナルファンタジーVII
 片翼の天使(BMS)、FFVIIメインテーマ(FMS)、エアリスのテーマ(EMS)
ファイナルファンタジーVIII
 The Man with the Machine Gun(BMS)、Blue Fields(FMS)、waltz for the Moon(EMS)
ファイナルファンタジーIX
 バトル1(BMS)、あの丘を越えて(FMS)、その扉の向こうに(EMS)
ファイナルファンタジーX
 シーモアバトル(BMS)、ミヘン街道(FMS)、素敵だね(EMS)
ファイナルファンタジーXI
 Awakening(BMS)、Ronfaure(FMS)、”FFXI Opening Theme”(EMS)
ファイナルファンタジーXII
 剣の一閃(BMS)、ギーザ草原(FMS)、帝国のテーマ(EMS)
ファイナルファンタジーXIII
 ブレイズエッジ(BMS)、サンレス水郷(FMS)、運命への反逆(EMS)
アンコール
 仲間を求めて(FMS) FFVIより
 妖星乱舞(BMS) FFVIより
 闘う者達(BMS) FFVIIより
 閃光(BMS) FFXIIIより
 カオス神殿 FFIより

闇の楽譜にランダムで収録される楽曲

 グルグ火山(FMS) FFIより
 巨人のダンジョン(FMS) FFIVより
 マンボdeチョコボ(FMS) FFVより
 最期の日(FMS) FFVIIより
 バトル1(BMS) FFIVより
 死闘(BMS) FFVIより

 J-E-N-O-V-A(BMS) FFVIIより
 守るべきもの(BMS) FFIXより

一部、Amazonレビューやブログでのゲームレビューで「本来収録できたはずの曲をDLCにした拝金主義が許せない」といった発言がありますが、個人的には当てにならないゆとり発言だと思っています。なんだかんだと50曲以上ソフトの中に収録されているわけですから。また、押さえるべき曲が押さえられているため、「オレは収録されていないバトル1がプレイしたいんだよ!」という人はDLCすればいいわけですから。

DLCは1曲150円。ちょっと高いと感じるかもしれませんが、ゲーセンで音ゲーを1回プレイするのに100円かかると考えれば、150円といえども3回以上遊べば充分元が取れるのでは?と思います。

クリスタル推奨プレイスタイル
redline

要ヘッドホン。イヤホンでも問題なくプレイできるのですが、トランスしてFF愛をためる、を実現するにはヘッドホンのほうが向いている気がします。ヘタでもいいんです。なげるのは本当に絶望してから。大切なのは、プレイのたびにラーニングしていくこと。そのうち、譜面のおとしあなかいひや、次のタッチへのせんせいこうげきも可能になります。

bms

クリアポイントが上がったらジャンプするほど喜ぶ。これ大切です。人によってはぜになげでDLCをダウンロードしまくるのも有りでしょう。私はタッチペンのにとうりゅうみだれうちを好みます。ちょっとコツが要りますが、『太鼓の達人』のものまねができます。クリティカルをぶんどる感じがたまりません。勢いがつきすぎるので、れんぞくまがある曲には向いていないかも。

fms

個人的には、BMSが一番こころおどるのですが、EMSは背景にゲーム中のムービーが流れるので心がグッとくるカウンターを喰らうことも珍しくありません。特に、FF9はヤバス。ダガーがジタンの胸にとびこむとりつくあたりは本当にいいよね。いいきかいなので、もう一度やり直したくなります。

ems

ただのリズムゲームではなく、上手く弾けたポイントが経験値となり、それによって歴代主人公たちがレベルアップ。そのうち、楽曲で高得点を狙えるアビリティを覚えたり、各種パラメータが上がっていくという仕掛けも。長く持ち続けて、ヒマを見て少しずつプレイしていく。そんなプレイに最適な一本だと感じました。

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!