このブログ『レトロゲームレイダース 最後のゲー戦』について

Pocket

01808011691

『 レトロゲームレイダース 最後のゲー戦 』へようこそ!

日本には、毎月数多くのゲームが発売されていますが、盛り上がっているのはほんの一時だけ。時間がたてば、人々は新しい作品に目を奪われ、やがて古くなったゲームは人知れず忘れ去られていく…。ビデオゲームの歴史30数年、どれほど多くのゲームが今、歴史の中に埋もれていることでしょう。

当ブログは、そんな埋もれている名作を発掘し、
まるで名画や芸術品のように愛を持って語っていくブログです。

 What is レトロゲームレイダース 最後のゲー戦
redline

とはいえ、レトロゲームをただ懐古するつもりはなく、「名作といわれているゲームはなぜ名作足り得たのか?」、「評価の低いゲームだけど、こうやって遊べば意外と面白い」など、独自の視点と考察で、「ああ、やっぱりビデオゲームって面白いなぁ」と思っていただけることを目指しています。記事を読んでプレイしてみたくなった、実際に買ってみた、なんてお言葉をいただけるとすごく嬉しいです。

あくまでも発信するのはあくまでも私の主観であり、「そうじゃない!」という意見はもちろんあるでしょう。「お前、こう書いているけど事実と違うぜ」という箇所も。そんな時はコメントをください。新しい意見や別の意見も歓迎します。あなたの想いを聞かせてください。当ブログは基本的に全レスします。ゲームが好き、ゲームに興味がある人たちが楽しめるコミュニティになれれば、幸いと考えています。

基本的に、本ブログは肯定的な文章主体です。作品をディスるという行為はしません。その理由は、私自身がかつてはゲーム業界に身を置いた立場であり、ユーザーという立場からでも業界の成長・発展に役立ちたいという想いがあること。そして、何かを否定し傷つけても何も生み出さないからです。末席とはいえ、クリエイターという仕事に就いている以上、新しいものを生み出す側の人間でありたいですね(笑)。

 記事に掲載している画像・音楽について
redline

記事内で使用している画像・音楽については、著作権肖像権等や各権利所有者に帰属します。記事に関して何か問題があればご連絡ください。確認できた時点で、早急に適切な対応をとらさせていただきます。

 ブログ内での「名作」認定の基準について
redline

特に、規定していることはありません。
というのも、当ブログはゲームレビューにありがちな「ゲームがゲームとして成立しているか」という観点だけでなく、「ゲーム内の世界観の秀逸さ」、「キャラクターたちの魅力」、「裏設定を知ってプレイするとグッとくる」、「よくわからないけどビンビンしちゃう」といったさまざまな角度から作品を掘り下げます。

ですので、必ずしも「名作」と認定していても万人に勧められる作品とは限りません。ただし、必ずどういう観点から評価するとこいつはスゴイ!という理由は明記します。それを読んで判断していただければと思います。

 ▼大体、こんな感じでつけています▼
 名 作 …… これはすごいゲームなので、やっていないと人生損をしている!
 傑 作 …… すごく丁寧に作られていて良い。品質保証!
 珍 作 …… なんでこんな風になっちゃったのか甚だ疑問だが気になる一品!
 怪 作 …… ふっ飛んでいてやる人は選ぶけど、これはいいゲームだ!
 問題作 …… これはマズイでしょ!的な表現や描写があって、そこがたまらない!

こんな感じです。よろしくお願いいたします。

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!