【心理学?】 ゲームのプレイスタイルから分かるSEXの傾向。

Pocket

sex
信じるか・信じないかは、あなた次第です…。

ブログ代表
こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

先日、ゲーム脳の権威たちが集まる学会(居酒屋魚民)で、興味深い論文が発表され、私を含むレトロゲームレイダースたちは大いに盛り上がりました。その内容は、「ゲームのプレイスタイルでSEXの傾向・経験値が分かってしまう」というもので、ゲイバーのママからも「間違いないワよ~」とお墨付きをもらっている信憑性の高さが特徴でした。

たしかに、食べ物の好き嫌いで人間関係構築力が分かる、食事の仕方で恋愛傾向が分かる、というものはあります。果たして、どれだけあるあるネタなのか、とりあえず、批判を恐れずに発表してみたいと思います。

カット

ゲームの買い方が荒々しい男は、SEXも自分勝手。
redline
特に考えもなしに、ゲオでパッケージを見た直感だけでゲームを買ったり、ビックカメラのワゴンセールのソフトをとりあえず全部買うといった、お金の使い方に荒々しさがあるタイプは、SEXも自分の気持ちよさだけを追求して相手のことを考えない傾向がある…カモ。

カット

ゲームの文句ばかり言う男は、SEXも相手への要求だけ強い。
redline
自分の責任性を鑑みずに、自分の損失だけを嘆いて、他のものへ責任転嫁ばかりしているタイプは、あらゆることに対して「自分に非はない」と思い込んでいる傾向がある。そのため、SEXでも相手への要求だけが強く、嫌われる。しかも、その結果についても相手のせいにする…カモ。

カット

コントローラーをいくつも持っている男は、SEXにも変なこだわりがある。
redline
「このコントローラーだと、しっくりくるんだよ」などが口癖のタイプは、自分にしか分からないルールや感覚を大事にする傾向がある。当然、SEXにもそれはあり、体位の変更はこの順序じゃなきゃダメなど、独自のポリシーがあるカモ。自分が思っているほど、相手にとってはどうでもいいことだったりする。

カット

封をあけてもいない積みゲーがたくさんある男は、妄想浮気症。
redline
いろんなゲームに対して、「とりあえず押さえておかなきゃ」と購買意欲だけは発揮するが、購入した後はまったくプレイすることもないタイプ。恋愛やSEXに対しても好奇心は旺盛で、付き合っている相手以外の女性に対しても興味関心はあるが、実際に浮気などの行動には走らない。好奇心と妄想力だけ旺盛。

カット

国産RPGばかりプレイする男は、SEXが受身。
redline
誰でもクリアできる。観客のように客観的に、エンターテイメントをおもてなしされる。このような国産RPGを好むタイプは、SEXに対しても受身であることが多い…カモ。

カット

どんなゲームも面白ければプレイする男は、SEXテクニシャン。
redline
好き嫌いがない。先入観がない。好奇心が旺盛。面白さを探っていこうという探究心は、SEXに通じるところがあるらしい。とりあえず試してみる・相手の様子をうかがう観察力がポイントだとか。

カット

昔好きだったゲームを売れないタイプは、元カノとの復縁可能性・大。
redline
情が深く、思い出を大切にする。それは恋愛にも通じていて、大切な思い出として心の中しまっておく傾向がある。それはイコールで、種火を残しておくことでもあり、何かのキッカケで元カノから復縁を迫られたりすると、大きくグラつく。結婚していても浮気に発展する可能性も。でも、思い出はほとんどの場合、美化されているので、一線を越えるまでがもっとも熱く、その後急速に冷める場合も。

カット

帯や説明書を大事に扱う男は、避妊などのマナーも守る。
redline
どこか冷静さを忘れないところは、SEXも同じ。

カット

ゲームだらけで部屋が汚い男は、ムードをつくるのも下手。
redline
普段から生活するスペースの周辺環境に、最低限のマナーも守れていないタイプに、それ以上のものを求めるのがそもそも間違い。SEXできる機会があっても、それは女性側の温情によるものであり、「こんな自分に惚れている」と勘違いすると、終焉は意外と早くやってくる…カモ。

カット

ゲームプレイの絶倫男は、SEXに縁遠い。
redline
毎日長時間ゲームを精力的にプレイしすぎている人は、逆にいえば他にやることがないわけで、おそらく恋愛やSEXからも縁遠いところにいる。

「だからなんだ?」という内容ですが、ちょっとドキッとするところもあり、個人的に面白かったので記事にしました。専門家の意見などではないため、それなりの記事だと思ってくださいね。(←こういうことを書かないと、噛み付いてくる40代のおっさんや中学生がいるので一応ね★)

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!