【お知らせ】 レトロゲームレイダース/ジョーンズの更新しない話。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gameraiders/retrogameraiders.com/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
Pocket

更新しない話

ブログ代表
こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

実は、母が緊急入院することになりまして、しばらくブログの更新をストップさせていただきました。楽しみにされて毎日ご来場いただきましたみなさま、広報が遅れまして大変申し訳ございません。

2週間前の関東地方を襲った大雪のあと、実家に一人暮らしの母は雪かきをしている最中に頭痛吐き気を覚えました。で、しばらく横になるものも、症状は回復しません。週末でしたが、夜間診察できる病院を探してクスリを貰うことに。その時、私は連絡を受けたのですが、どうも様子がおかしい

家の中に、誰だか名前は分からないけどもう一人住人がいる。
死んだ父親が帰ってくるから家を空けられない。

「こりゃ普通じゃない」と思った私は、すぐに車を走らせて、母親がいるであろう病院に直行。発言と行動がおかしい母親を捕まえて、その日は内科のクスリをもらってすぐに帰りました。その翌日の月曜日。すぐに視て貰える脳神経外科のある病院を探し、母親のCTを撮ってもらうことに。

結果、クモ膜下出血が発覚。

緊急入院することになりました。クモ膜下出血についてネットで調べるといろいろと怖いことが書かれています。患った方の1/3が死に、1/3が何かしらの障害を残し、1/3は無事に生還するとか。幸運だったのは、意識を失うといった前に早期発見ができたこと。放置したり、診察自体が数日遅かったら、ポックリいっていた可能性もあったそうです。とはいえ、出血の状態によっては、開頭して手術する必要もあり、経過をただ見守る日々がつづきました。

結果として、病状の進行は認められず、頭痛に悩まされていた母の症状も回復し、来週には退院できることになりました。

高齢のご両親をお持ちの方は、ご注意ください。

本当に、「そのとき」は突然やってきます。

「ウチの親にかぎってそんなことは」という発想は、何の根拠もありませんし、常に最悪のケースを想定して、早めに手を打つこと。エラそうなことを言っていますが、今回の件はそういう学びになりましたので、共有させていただきます。親孝行できるタイミングは人生の中でも限られたチャンスの期間。「いつまでもある」のではなく、「いつまであるか分からない」ものなので、後悔のない選択をしたいものですね。

ブログのほうは本日から更新を再開します。m(_ _)m

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!

 

Similar Posts:

    None Found