【日常】 ハロウィンになったので、また、100円SHOP商材で、ゴーストバスターズのプロトンパックをつくってみた。

Pocket

やらないか

ブログ代表
こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

そろそろハロウィンのシーズンであり、街中にはお菓子をほしがるゴーストたちがあふれてくるわけで。このような事態にそなえて、昨年につづいて今年も、アレをいそいそと作っていたわけです。

それが、

ゴーストバスターズプロトンパック

ゴーストバスターズのプロトンパック

またもや、材料はすべて100円SHOPで揃え、総額2000円ちょいでした。

Amazonのダンボールをメインに作った前作と異なり、今度は4歳児の乱暴な取り扱いにもある程度耐えられるように、耐久性の向上を図りました。

本当は、モーターとプロペラをつかって、赤い光が順番に点滅しているようにしたかったのですが、材料が100円SHOPで手に入らなかったので断念。

そのかわり、ビーム発射部分であるニュートリノワンドはプロトンパック右面と強力なマグネットにより、着脱可能となり、劇中内の動きに少し近づけたかなと思います。

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!