【秀作発掘】 『Mr(ミスター).五右衛門』─―オレはまだ本気を出していない。がんばる前のゴエモンの物語。

Pocket

ゲームの展開が、ちょっと速すぎて候。

『がんばれゴエモン』は有名ですが、実はその前身といえる作品があることをご存知でしょうか。それがこちら『Mr.五右衛門(ミスターゴエモン)』です。がんばる前のゴエモンはどんな作品だったのか。いかにしてからくり道中が作られるに至ったのか。この作品をプレイすることで、見えてくることがあるとかないとか。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を掘り起こしてみよう――。




ブログ代表
こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

みなさんは、コナミの名作アクションゲーム『がんばれゴエモン』をご存知でしょうか。そして、その『がんばれゴエモン』が、実はシリーズ二作目であるという事実を。

今回、発掘した作品は、コナミヒーローの一人・ゴエモンのデビュー作!1986年にアーケードゲームとしてリリースされた『Mr(ミスター).五右衛門』です。

アイコン Mr.五右衛門って、どんなゲーム?
redline

結論からいうと、『がんばれゴエモン』とはまったく違うタイプのアクションゲームです。

ゲームシステムは、サイドビューのアクション。攻撃方法はご存知の「キセル」か、ステージ内に落ちている「投げられるアイテム(こっちは弾数あり)」の二種類。1ステージ2面構成(フツーの前半・ボスのいる後半)になっています。

01
画面構成は、4段構造になっており、スティックの「↑」で上の段にジャンプ、スティックの「下」で下の段にダウンという感じ。画面構成はカプコンの『ソンソン』風で、操作方法はナムコの『パックランド』といったところ。

また、敵にぶつかっただけではダメージを受けることはなく、「捕まえられた状態でほおっておくこと」、「敵が投げたものにぶつかる」ことでダメージを受けます。このあたりは、トレジャーの『ガンスターヒーローズ』っぽいです。

アイコンまったく知名度が低い「不遇の作品」。
redline

本作の最大の不幸は、続編であり、ファミコンオリジナル作品である『がんばれゴエモン』が有名になりすぎたことでしょう。

「脅威の2メガロム」
「当時のコナミゲームにありがちな地下ステージがあるパターン」
「通行手形を3つ集めるという展開」
「お店でアイテムを買う」
「迷路といったオマケゲームがある」

このような『がんばれゴエモン』で付け足された要素は、実は、ゲーム内容がアクションにシンプルすぎた『Mr.五右衛門』の反省点から生まれたとの説もあります。

『Mr.五右衛門』は、当時、アーケードゲーム界の鬼軍曹といわれていたコナミ(“プレーヤーがいたら瞬殺しろ!”といわんばかりの高難易度ゲームばかり作っていたから)にしては珍しく、比較的、ライトユーザーでも長く楽しめるアーケードゲームでした。

逆に言えば、ちょっと慣れてしまうと15分くらいで全面クリアできてしまうほどのボリュームしかなく、どちらにしてもゲーセンでの寿命は短い運命だったのかもしれません。

そんな本作のことはいつの間にか忘れ去られ、『かんばれゴエモン』は人気シリーズとしてスターダムにのし上がり、RPGになったり、メカが出てきたり、倒幕をしたり、宇宙に行ったり、ダンサーになった理由を探しに行ったり、ワルノリしてPS2でこけたり…。いろいろ展開していったのです。

しかし、開発スタッフの中には、「いやいや、ゴエモンといったMr.五右衛門でしょう!」と思っていた人もいたようで、ゴエモン出演作品のいくつかには、本作を匂わせるリスペクトが垣間見えました。

02

ワイワイワールド
『コナミワイワイワールド』の江戸ステージは、
実は『Mr.五右衛門』のオマージュ。

02

ゴエモン2
『がんばれゴエモン2』に出てくる波乗り岡っ引きも、
そのアイデアは『Mr.五右衛門』時代からあったのだ。

03

がんばれゴエモン2
スーパーファミコンから出てくるようになった、たぬきの信楽焼き。
この初登場も『Mr.五右衛門』でした。

sfc0024
スーパーファミコンになってからサイドビューステージが復活!
多段構成も見られるように。

▼プレイ動画はこちら▼

プレイステーション2の『俺たちゲーセン族』シリーズで移植される予告があったのですが、その前に出した『サンダークロス』などの疑惑問題によって、移植自体がなくなってしまいました。

最近では、Xbox360の『Game Room』にひっそりと移植されています。しかし、処理の問題で完全移植というわけではないらしく、評判はあまりよくないみたいですね。

とはいえ、パパッと遊ぶにはちょうどいいアクションゲーム。
こんな作品があったことを、時には思い出してみてもいいのではないでしょうか?

04

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!


=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。








Similar Posts: