【雑談】ゲームブログの書き方(記事編)

Pocket

untitled
ちょっとした、雑談です。

ブログ代表
こんばんわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

以前からお問い合わせのほうに「ゲームブログの書きかたを教えてください」といったメッセージがいくつか届いていましたので、今回もそんなことを書いてみたいと思います。

最新情報系の記事は、オススメしません。
redline

「ゲームブログをこれから始めたい」という方がお手軽に始められるのは、ゲームに関する最新情報を追っかけていく記事主体のブログです。

が、私はあまりオススメしません。

なぜかというと、作るのがカンタンということは参入障壁が低いということだから。同じ内容のブログとバッティングしてしまうためです。ユーザーは最新情報を得るために、複数のブログを使うということはしません。なるべく多くの人に読んでもらえるブログに育てていくには、ライバルが多すぎるため、PV向上、認知度向上、ユニークユーザー向上のすべておいて時間とパワーがかかります。

加えて、記事の使い回しがあまりできません。最新情報は最新であることに意味があるので、旬を過ぎた記事には何の価値もなくなってしまいます。朝購入される新聞は、昼にはゴミ箱にクシャクシャになって捨てられていますよね。そういうことです。

もちろん、その方針で差別化を図れる”強み”を持ってつき進める方は、それでいいと思います。ただ、多くの方の場合、パワーをかけた割には読者が増えないという悪循環に陥りがちな戦略ではあります。

何度も読んでもらえる記事を、目指そう。
redline

「1回の記事が何度も読んでもらえる」。私がオススメするのは、このような方針です。記事作成にかけた時間とパワー以上のリターンが発生する可能性が高いです。当ブログはそんなカタチです。

どういうことか。例えば、ウチのブログはゲームの作品ごとに記事を書いています。それらの記事は、トップページの右カラムに一覧があるので探して読みやすい、という環境を整えています。これは、新規のユーザーには「他にもいろいろな記事があるよ」という宣伝であり、二回目以降訪問した方には「ここにあの記事がありますよ」という道標の役割です。

ゲームレビューなんて複数回読みたがるものなのか。誰でも書ける、何の発見もない内容なら、二度と読まれません。しかし、人間には知的好奇心というものがあり、新しい発見、あまり見ない解釈がある文章には好印象を抱きます。分かりやすく言えば、オモシロク感じるわけです。

ここに、「笑い」、「読みやすさ」、「エスプリ」といったものを付け加えていき、読者に「共感」や「納得」を与える内容でまとめると、読んでいて楽しい、もう一度読みたくなる、そんな記事が生まれます。

このような記事をつくるには、ある程度の文の量が必要です。『グノシー』みたいに、ちょっとした”おっ”という記事は読み捨てられるだけ。そうならないためにも、パワーと時間をかけるべきでしょう。

なぜ、ビミョウな言い方になっているか。それは、ここでも“差別化”が重要になるからです。誰でも書けそうな内容の記事、読んでもメリットがない、または少ない記事に読者が付くでしょうか。難しいと思います。

記事に実用性を持たせると、複数回利用される、読者から記事を探してくれる、といったことを期待できます。ゲームブログでいうなら「攻略記事」でしょうか。有名作品ではなく、他ブログに攻略記事がないマイナーゲームを扱うと、そのゲームをプレイする人はあなたのブログを必ず見るので、一定数のユーザーを確保できます。問題はマイナーゲームに興味がある人は少ないので、記事にするゲーム数を増やすといった工夫が必要になるというところでしょうか。

「ゲームレビュー」も有りです。ただし、固定読者を作るためには、徹底的に”個性”を発揮しなければなりません。「没個性的なレビューには何の価値もない」と覚えておきましょう。

ちなみにウチのブログは、他のレビュー記事にはない独自の視点と、ネットという環境を活かして作品のBGMを聞きながら記事が読めたり、キャプチャーしたゲーム画像を貼ったりしています。著作権的にはグレー。ただし、ゲームメーカーに不利益が生じないように否定記事は掲載せず、面白さ再発見という切り口で記事を書いています。とはいえ、メーカー容認という状況に甘えている面は否めません。

今回はこんなところで。それでは!

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!