【良作発掘】 『悪魔城ドラキュラ(SFC版)』――そこは、誰も見たことがない悪魔城!

Pocket

「シモン、最後の戦い」と思いたい


スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』は、一般的には初代『悪魔城ドラキュラ』のリメイクといわれていますが、私は「シリーズ4作目にしてシモン・ベルモンド最後の戦い」という構想があったのではないかと邪推しています。今回はそのあたりも含めて話していきたいと思う次第です。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。




ブログ代表
こんばんわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

今回発掘した作品は、コナミが1991年10月にスーパーファミコン用アクションゲームとして発売した『悪魔城ドラキュラ』になります。

海外版のタイトルが『SUPER CASTLEVANIA IV』ということもあり、シリーズ4作目という位置づけは間違いないようです。一般的には、ファミコンディスクシステムで出た『悪魔城ドラキュラ』のリメイクとされており、『悪魔城ドラキュラ』の構成要素を抜き出し、スーパーファミコン用に再構築した作品といわれています。

しかし、私はどうしても捨てきれない思いがある。それは、「シリーズ4作目であり、シモン・ベルモンド最後の戦いとして作られていたのではないか?」「少なくとも、当初の構想はそうであったのではないか?」という疑念です。

4作目、シモン3度目の戦い説
redline

ここから先は、ジョーンズの大胆な仮説になりますのであしからず。

=理由その1=
『ドラキュラII』のエンディングに出てきたドラキュラの墓が、本作のオープニングデモにも再び登場している。そのため、両作品には繋がりがあると考えるほうが自然。

呪いの封印エンディング
(ドラキュラIIのエンディング)

SFC版オープニング
(SFC版悪魔城ドラキュラのオープニング)

しかも、『ドラキュラII』の真エンディングでは、墓から腕がボコッと生えて、ドラキュラ伯爵の復活を予感させる描写がありました。

=理由その2=
SFC版『悪魔城ドラキュラ』が、あまりにも別のゲームになりすぎていること。リメイクというよりもリビルド。挑戦しすぎ。リメイクならば、初代の雰囲気をもう少し残すものです。本作は初代の面影はあまり見られません。

また、これまでの作品以上に、ムチの存在感が強いのですが、この使いかたのバリエーションの豊富すぎます。上撃ち、下撃ち、斜め撃ち、振り払い、ギミックに引っかけてのスイング…。玄人向けでしょ(笑)。

97580-super-castlevania-iv-snes-screenshot-swinging
(いろいろ使えるムチ操作は上級者寄りな気がする)

リメイクならば、スーパーファミコンから『悪魔城ドラキュラ』を知ったユーザー向けに、もう少しライトな仕様にすると思うのですが、本作は違うっぽい。まったく違う作品になっています。

「4作目として新しいドラキュラを見せてやる」という体で作られたと聞いたほうが納得度があると思うのは気のせいでしょうか。

=理由その3=
初代『悪魔城ドラキュラ』、『ドラキュラII』、『悪魔城伝説』といった過去作で見たようなステージと敵が出てきたり、過去作の名曲「Vampire killer」、「Bloody Tears」、「Beginning」が、本作でも使用されています。

97584-super-castlevania-iv-snes-screenshot-in-a-forest
(Mad Forestみたいなステージとか)

これって、ただのファンサービスかもしれませんが、過去作があると踏まえた上での戦いの演出とも解釈できると思うのです。

=理由その4=
本作のメインテーマが「シモン・ベルモンドのテーマ」という曲名であり、ラスボスであるドラキュラ伯爵二段階変身でかかるBGMも、この「シモン・ベルモンドのテーマ」です。

222245-super-castlevania-iv-snes-screenshot-the-final-battle
(お馴染みの攻撃を新しい闘技で防ぐ)

これはつまり、作品として主人公シモンにスポットを当てているのは間違いないわけで。この演出の効果的な使いかたは、「初代のリメイク」というより、「シモン・ベルモンド最後の戦い」のほうがしっくりくると思うわけです。

つまり、どんな作品なのか
redline

ここから先は、冷静な作品分析です。

SFC版『悪魔城ドラキュラ』は、ムチ操作のバリエーションが広がったことで、逆に過去作品のシンプルな操作性が失われた側面があります。これは一長一短ある話で、どちらが正しいかという話ではありません。

本作は、バンパイアハンターが使用する武器であるムチの可能性を広げた『悪魔城ドラキュラ』であり、ゲーム進行に詰まったらムチの使いかたを考えてみるべきという作品なだけ。過去作とは少し毛並みが違うことは意識しておきましょう。

05

一方で、スーパーファミコンになったことでパワーアップしたグラフィック機能により、過去作にはない悪魔城体験を可能にしました。回転・拡大・縮小といった拡張機能もふんだんに使われています。

ここも一長一短ある話で。過去作の描画が貧弱だったからこそ映えた黒を使ったセンスのある配色は本作ではなくなってしまい、かわりに豊富な色数でこれまでにない悪魔城が描かれました。

06

07

08

09

10

ゲームとしての完成度は非常に高く、スーパーファミコン発売から1年後のソフトとは思えないクオリティを誇っています。買って損のない、プレイしておいて損のない作品です。

一方で、スーパーファミコン初期作品ということもあり、スーパーファミコンの機能を使い倒すという目的があったと考えられるため(任天堂からのハード性能アピール依頼とか)、実験的な試みが散見される一面も。ゆえに、シリーズの中でも本作でしか使われていない演出やステージギミックが多いです。

レトロゲームとしての本作の魅力は、「本作だけ」というその独自性を味わうところにあると私は思いました。

1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!


=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の恩赦によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。