【名作発掘】『悪魔城ドラキュラ』(スーパーファミコン版)――シモン・ベルモンドの物語は最終章へ!現れた最大最凶の悪魔城での血戦はじまる!

Pocket

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
今回発掘したのは、1991年10月にコナミからスーパーファミコン用アクションゲームとして発売された『悪魔城ドラキュラ』。スーパーファミコンが発売されて約1年後に発売された、スーパーファミコン初の悪魔城ドラキュラシリーズでした。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を掘り起こしていこう――。

『悪魔城ドラキュラ』(スーパーファミコン版)とは

さまざまな資料を見ていると、初代『悪魔城ドラキュラ』のリメイク、新作という記載がされています。ファミコンで発売された『悪魔城ドラキュラ』『ドラキュラII 呪いの封印』『悪魔城伝説』の3作品は、シリーズの原作者といえる赤松仁司さんが関わっているのですが、本作には関わっていません。そのため、過去3作には存在した一貫した物語性がこの作品で途絶してしまった印象はあります。この作品がリメイクなのか新作なのか、はっきりしないところもファンとしてはヤキモキするところです。

ここから先は俺の独自の解釈になります。そのため、「事実ではない。あくまで一ブログ管理者の妄想」という前提で聞いてください。

俺は、スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』は『悪魔城ドラキュラ』シリーズ4作目であり、シモン・ベルモンドとドラキュラ伯爵との三度目の戦いだと考えています。その理由の1つは、本作のオープニングデモに出てくるドラキュラの墓です。墓は2作目『ドラキュラII 呪いの封印』のエンディングにも出てきます。そして、ある条件を満たすと、墓の下から手が出てきて、何者かの復活を示唆する描写があるんですね。これが同一の墓だとするならば、スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』は『ドラキュラII 呪いの封印』の続きの物語であり、シモン・ベルモンドの三度目の戦いと考えるほうが自然だからです。

ただし、この推論には問題点もあります。『ドラキュラII 呪いの封印』のエンディングで出てくる墓は、同作のストーリーに出てくるベルモンド一族の墓である可能性もあるということです。しかし、そうなると、ベルモンド一族の墓から蘇ろうとしているのは誰なのかという新しい問題も出てきます。個人的には、こんな説も考えました。1作前の『悪魔城伝説』に出てきたラルフ・C・ベルモンドが、シモン同様にドラキュラとの戦いで受けた傷がもとで呪いにかかり死んでしまった。その肉体は闇の眷属化してしまい、ドラキュラが肉体を失った時の緊急避難先となっていた…みたいな。ラルフゾンビとシモンとの対決みたいなこともあったかもしれません。しかし、あの墓の形態を見ると、ラルフの遺体だけが残っているのも不自然ですね。

話を戻します。ドラキュラシリーズはなぜ3作目で過去の話を語ったのでしょうか。これは憶測でしかありませんが、過去を語る必要があったと考えるのが妥当でしょう。では、『悪魔城伝説』と『悪魔城ドラキュラ』『ドラキュラII 呪いの封印』の違いは何なのでしょうか。俺は、①『悪魔城伝説』ではドラキュラは第三形態までであった(シモンは第二形態までしか倒していない) ②『悪魔城伝説』時代のほうがドラキュラは強大な力を持っていた(復活の度に力を増すのならシモンの時代ではまだ本気を出していない)の2点が、一度過去の物語を語る理由と考察しています。となると、4作目は本気を出したドラキュラ伯爵の最大最凶の悪魔城が待ち構えているということになり、シモンの最終血戦に一番きれいなカタチでつながると思うんですよ。

シモン・ベルモンドとドラキュラ伯爵との三度目の戦いだと思う理由の2つめは、本作が初代『悪魔城ドラキュラ』のリメイクだとするならば、初代らしさがほとんど残っていないという点。ほぼ新作です。リメイクならば原作の面影を残すものだと思いますが、それをまったく無視してイチから作る理由があるでしょうか。アーケード版はそういう使命を帯びた作品でしたが、スーパーファミコンで同様のことをやる必要があるのでしょうか。ファミコン3作を知らない新規ファン獲得のためなら戦略上ありだと思いますし、実際はそのために上層部が「あえて4作目」と名乗らせなかった…というのがありそうな話なんじゃないかと邪推しています(笑)。

シモン・ベルモンドとドラキュラ伯爵との三度目の戦いだと思う理由の3つめは、シモン・ベルモンドにスポットライトが当てられている点です。メインテーマといえるステージ1の曲名は「シモン・ベルモンドのテーマ」ですからね。そして最終決戦でかかるBGMも「シモン・ベルモンドのテーマ」。最終ステージは、『ドラキュラII 呪いの封印』の「BLOODY TEARS」、『悪魔城ドラキュラ』の「VAMPIRE KILLER」、『悪魔城伝説』の「BEGINNING」で繋いでからの「シモン・ベルモンドのテーマ」なんだぜ。これ、どう考えたって、シリーズ4作目でシモン・ベルモンド最終章ってことでしょ。

このような考えによって、スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』は『悪魔城ドラキュラ』シリーズ4作目であり、シモン・ベルモンドとドラキュラ伯爵との三度目の戦いと考えるほうがグッとくるし盛り上がるため、俺は推奨しています。ここまで長々とご清聴ありがとうございました。

『悪魔城ドラキュラ』(スーパーファミコン版)のストーリー

過去に幾度か復活を遂げた魔王ドラキュラ伯爵。しかし、全世界を征服しようとする魔王の野望は、いつの時代でもベルモンド一族によって打ち砕かれてきた。魔王ドラキュラ伯爵が人間界から追放されてから百年が経とうとしていた時代、トランシルバニアでは干ばつが続き、かつての繁栄に陰りが訪れていた。

そんな折、ある日邪悪な雷雲が町を覆い、一筋の稲妻が町に落ちる。それは、魔王ドラキュラ伯爵の復活であった。復活を果たすたびにより強い魔力を身につけていくドラキュラ伯爵は、過去最強の魔王となり、強大な魔物軍団を引き連れて人間界へと舞い戻ってきたのだ。これに対し、ベルモンド一族の血を引く青年シモンは人間界の解放を誓い、不安を抱きながらも先祖伝来のムチを手に悪魔城へと単身乗り込んでいく。

『悪魔城ドラキュラ』(スーパーファミコン版)の魅力

本作は、『悪魔城伝説』の流れを引き継ぎ、悪魔城までの険しい道のりを経て、悪魔城に至るという展開となっています。その魅力は、各ステージごとに大胆なギミックを用意し、プレイヤーを殺しにかかってくるのですが、そのアイデアと演出がすごすぎてプレイヤーを飽きさせない作りになっています。それはまさに、初代『悪魔城ドラキュラ』の面白さの本質。そういう意味では本作は『SUPER悪魔城ドラキュラ』といえる出来となっています。

さらに注目したいのはグラフィックですね。背景は多重スクロールで奥行き感を出しているのですが、風にゆれる草、身体にかかる水しぶき、飛び散る骸骨など、非常に細かいところまで描きこまれている&細かい演出が施されています。

細かい演出といえば、シモンが持つムチも、本作では敵に向けて放った後、ジャラッと重力の影響を受けて下に垂れます。その状態で、ブンブンと振り回すことができ、この予備動作の少ない攻撃によって、敵の攻撃を回避しやすくなっているのです。

とにかく徹底的に作り込んでいる、コナミの職人魂が感じられるこのような作品を、スーパーファミコン末期ならまだしも、初期である1991年で作り出していること自体が驚きです。そして長い。ボリューム満点な内容のため、ノーコンティニューでもクリアまで2時間くらいかかってしまいます。しかしこれも、シモン最終決戦と考えれば、なかなか燃える要素と言えるでしょう。

『悪魔城ドラキュラ』(スーパーファミコン版)のダイジェスト

レトロゲームとしての『悪魔城ドラキュラ』(スーパーファミコン版)

悪魔城ドラキュラシリーズは、この後、シモンの時代の100年後の戦いが描かれる『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』に移っていくのですが、こちらは原点回帰、ディスクシステム版『悪魔城ドラキュラ』や『悪魔城伝説』に近い作風になってしまいます。が、その続編である『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』では、スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』と、X68000版『悪魔城ドラキュラ』が開拓した、ブキミ楽しいステージときめ細やかな演出が引き継がれていくところにも注目です。

本作では、初めて悪魔城内に図書館が出てきましたが、『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』ではこの図書館が重要な役割を果たします。図書館司書はドラキュラ伯爵の手下ではあるのですが、その息子である主人公アルカードにもさからうことができないため、秘密裏にアルカードに協力していきます。このような展開が後に生まれたのも、このスーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』の作り出した悪魔城が素晴らしかったからこそ。新しい着想が得られたのではないでしょうか。

音楽についても触れないわけにはいきません。本作のBGMはこれまでのシリーズとは作風が変わっています。それゆえ、異端視されることもありますが、こういう曲でも悪魔城ドラキュラとして成り立つことを証明した側面もあると思っており、前述した『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』の楽曲にも少なからず影響を与えたのかもと考えてしまいます。

スーパーファミコンではもう1作『悪魔城ドラキュラXX』という作品が出ており、そちらもいい作品なのですが、ゲーム自体に込められたアイデアと情熱は本作のほうが上だと思います。興味が湧いたら遊び比べてみてください。スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』の濃密世界を感じていただけるのではないかと思います。

この作品を遊ぶ方法

現行機で手軽に遊ぶには、ダウンロード専用の『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』がオススメです。PS4、Xbox ONE、steam、ニンテンドースイッチ版があるので、お好きな環境でお楽しみください!

また、下記のような方法で遊ぶことも可能です。

created by Rinker
Konami
¥1,280 (2021/05/16 14:21:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サイバーガジェット
¥21,000 (2021/05/16 22:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

関連作品の記事

【名作発掘】『悪魔城ドラキュラ』(ファミコン版)――すべてはここからはじまった!血塗られた宿命と戦うホラーアクションの金字塔!
この記事は、レトロゲームファンの管理人がファミコンディスクシステムで出た『悪魔城ドラキュラ』の魅力を語ったゲームレビューです。みなさんからの思い出もお待ちしてい…
retrogameraiders.com
【惜作発掘】『ドラキュラII 呪いの封印(ディスクシステム版)』――夜明けがとにかく待ち遠しいサバイバルアクションRPG!
この記事は、レトロゲームファンの管理人がディスクシステムの『ドラキュラII 呪いの封印』の魅力について語ったゲームレビューです。みなさんからの思い出話もお待ちし…
retrogameraiders.com
【名作発掘】『悪魔城伝説(ファミコン)』――特殊チップVRC6の魔法に魅せられる!かくしてドラキュラ3作目は伝説となった!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、ファミコンで発売された『悪魔城伝説』の魅力をまとめたものです。みなさんからの思い出話もお待ちしています! ※匿名さんの…
retrogameraiders.com
【良作発掘】『ドラキュラ伝説』(ゲームボーイ)――それはモノクロの記憶!シモンの時代に語り継がれた英雄クリストファーの孤独な戦い!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、ゲームボーイで発売された『ドラキュラ伝説』の魅力について語ったゲームレビューです。みなさんからの思い出話もお待ちしてい…
retrogameraiders.com
【名作発掘】『ドラキュラ伝説II』――英雄クリストファー戦記完結編!名作に昇華されたGB続編!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、ゲームボーイで発売された『ドラキュラ伝説II』の魅力について語ったゲームレビューです。みなさんからの思い出話もお待ちし…
retrogameraiders.com
【惜作発掘】『悪魔城ドラキュラ』(アーケード版)――十字架を胸に、血の涙がとまらない、残念なドラキュラ。
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、アーケード版『悪魔城ドラキュラ』を紹介するレトロゲームレビューです。みなさんからのコメントもお待ちしています! ※グリ…
retrogameraiders.com
【良作発掘】『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』(PS1)――月下の夜想曲でファンになった新規ユーザーに向けての耽美系アレンジバージョン!
この記事は、レトロゲームファンの管理人がプレイステーションで出た『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』の魅力を語ったゲームレビューです。みなさんからの思い出もお待ち…
retrogameraiders.com
【名作発掘】『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』(PCエンジン SUPER CD-rom2)――そして時は動き出す!シリーズはついにシモンの次のベルモンドの物語へ!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、PCエンジンSUPER CD-rom2で発売された『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』の魅力を語ったものです。みなさんから…
retrogameraiders.com
【名作発掘】『バンパイアキラー』――2人の新たなヒーロー登場!第一次世界大戦下でくり広げられる吸血鬼戦争!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、メガドライブで発売された『バンパイアキラー』の魅力を語ったものです。みなさんからのコメントもお待ちしています!
retrogameraiders.com
【良作発掘】『悪魔城ドラキュラXX』――スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』の続編を見るべき、あったかもしれないもう1つの可能性!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、スーパーファミコンで発売された『悪魔城ドラキュラXX』の魅力を語ったものです。みなさんからのコメントもお待ちしています…
retrogameraiders.com
【名作発掘】『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』――400年の熟成で究極進化!闇の貴公子アルカード爆誕と生まれ変わる悪魔城ドラキュラ!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、プレイステーションで発売された『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』の魅力を語ったものです。みなさんからのコメントもお待…
retrogameraiders.com
【血作発掘】『悪魔城ドラキュラXクロニクル』――血の因縁は俺が断つ!新約リヒター・ベルモンドとドラキュラ伯爵の闘魔録!
この記事は、レトロゲームファンの管理人が、PSPで発売された『悪魔城ドラキュラXクロニクル』に収録されている『血の輪廻』リメイク版の魅力について語ったものです。…
retrogameraiders.com

みなさんの思い出

▼みなさんの思い出募集!▼
『レトロゲームレイダース 最後のゲー戦』は、管理人の感想を発表しているゲームブログですが、それは作品の感想の一面でしかないと思っており、みなさんの感想も集まることで、多面的な作品の魅力が見えてくると考えています。そのため、みなさんの思い出を募集しています。コメント欄に書き込んでいただいた内容は、随時、こちらの記事のほうに反映してきますね!

■グリーンヒルさん
SFC初期の頃のゲームでしたが、その頃の他のゲームと比較しても、完成度が高かったと思います。攻撃方法(鞭の振り方)が多彩になり、敵の倒し方を工夫するのが楽しかったです。また、SFCの推しの機能だった多重スクロールや回転拡大縮小をゲーム内の演出で上手く使っていたと思います。音楽も名曲が多くバランス良くまとまっていたと感じました。今までのドラキュラシリーズとしては比較的ボスが弱かった(個人の感想です)ので、何度も気軽にプレイしやすいのも良かったです。

▼「面白い!」と思ったら▼
下記2つのバナーのクリックをお願いしますm(_ _)m


 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。










この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: