【ここ、テストに出るぞ】『沙羅曼蛇(サラマンダ)』には、いくつもバージョンがあるから気を付けること。

Pocket

今回は『沙羅曼蛇』について。

この記事は、コナミのSTG『グラディウス』の続編である『沙羅曼蛇』にはいくつものバージョンがあることと、その違いについて解説をする記事です。






ブログ代表
こんばんわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

今日の講義は、コナミのシューティングゲーム『沙羅曼蛇(サラマンダ)』について。そもそも「沙羅曼蛇って何?」というところから説明していきたいと思います。



沙羅曼蛇とは?

コナミが1986年にアーケード用シューティングゲームとしてリリースした作品であり、名作『グラディウス』の続編です。『グラディウス』には『グラディウスII GOFERの野望』というナンバリングタイトルが存在しますが、シリーズ2作目はこの作品になります。ここ、テストに出るので注意。


サラマンダ
(アーケード版沙羅曼蛇のタイトル画面)



(引用:setsuhiwaさんの動画)


前作『グラディウス』との大きな違いは、

・有機物のような生体ステージや敵が増えたこと
・二人同時プレイが可能になったこと
・パワーアップが、カプセルストック方式ではなく、アイテム方式になったこと


ざっくり言うと、こんな変化がありました。過去記事にこの作品について熱く語っている講義があるので、詳細はそちらをご覧ください。


=参照記事=
【名作発掘】 『沙羅曼蛇(サラマンダ)』─―戦友(とも)よ、我とともに戦ってくれ!


この『沙羅曼蛇』は、数多くのハードに移植されているのですが、その際に、いろんな変化を受けて新しい『沙羅曼蛇』になっているので、その違いについて説明していきたいと思います。



LIFE FORCE(海外版沙羅曼蛇)

サラマンダ2
(海外版のライフフォースのタイトル画面)



(引用:World of Longplaysさんの動画)


『グラディウス』も海外では『ネメシス』というタイトルで展開されたように、『沙羅曼蛇』は『ライフフォース』という名前で海外展開されました。国内版との違いがいくつか存在します。

・ストーリー解説デモが追加された
・一部背景が差し替え
・アイテム名が変更


この『ライフフォース海外版』は、実は長い間家庭用に移植されることがなく、日本国内でも遊べる機会がほとんどありませんでした。プレイステーションやセガサターンで発売された「沙羅曼蛇デラックスパックプラス」やプレイステーションポータブルの「沙羅曼蛇ポータブル」にも収録されていません。

2015年に、プレイステーション4用ゲームアーカイブで配信された『沙羅曼蛇』にてようやく収録されることとなり、多く人に遊ばれる機会を得ました。



LIFE FORCE(国内版)

サラマンダ3
(国内版ライフフォースのタイトル画面)



(引用:Replay Burnersさんの動画)


さて、海外版ライフフォースを日本に逆輸入した作品と思われがちですが、実は違います。海外版ライフフォースをもとに国内向けに再アレンジが加えられたのが、こちらの『国内版ライフォース』です。以下のような特徴があります。

・ストーリー解説デモの削除
・グラフィックや敵が生物的なものに変更
・『沙羅曼蛇』よりボイス数が増えている
・2面・4面・5面の曲が沙羅曼蛇の未使用曲に差し替えられている
・『グラディウス』と同じカプセルストック方式のパワーアップに変更
・2Pのパワーゲージが1Pと逆の並びになっているため有利
・ストーリーが超生命体ライフフォースの中に侵入する展開に変更


前述の「沙羅曼蛇デラックスパックプラス」や「沙羅曼蛇ポータブル」に収録されていた『ライフフォース』はこちらの作品です。



ファミコン版沙羅曼蛇

サラマンダ4
(ファミコン版沙羅曼蛇のタイトル画面)



(引用:60 final countdownさんの動画)


透明プラスチックケースの「スケルトンカセット」でリリースされたファミコン版は、アーケード版『沙羅曼蛇』をベースとしながら、細かいところが『ライフフォース』仕様になっている、いわばハイブリッド版です。

・作品のベースは、『沙羅曼蛇』
・パワーアップは、『ライフフォース』のカプセルストック式
・ステージ2と5が差し替え。ステージ4がステージ2に
・ステージ4とステージ5は、ファミコン版オリジナルステージ
・一部ステージの構成が変わっている
・ステージ2のBGMに『ライフフォース』のステージ5の曲が使われている
・サラマンダーという敵が出てくる唯一の『沙羅曼蛇』


ファミコンで『沙羅曼蛇』を知ったという人は結構いるかもしれませんが、実は、原作であるアーケード版とはいろいろと違うのでした。よくよくステージ構成をふり返ってみると、テーマの統一感がなかったりします。



MSX版沙羅曼蛇

サラマンダ4
(MSX版沙羅曼蛇のタイトル)



(引用:GMIX6809さんの動画)


MSX版『沙羅曼蛇』は、名前こそ同じではあり、作品の雰囲気も似ているが、まったく違う作品です。そもそもMSX版の独自展開作品である『グラディウス2』の続編という位置づけであり、アーケード版と同じところのほうが少ないといっても過言ではありません。

・自機が、サーベルタイガーとスラッシャーという機体
・ラスボスは、『グラディウス2』のボスである「ヴェノム」
・『グラディウス2』のカセットがないと真のエンディングが見れなかった
・ステージ内にある『炎の予言』を読んでボスの弱点を探す
・ステージ3がルート分岐でA・B・Cの3パターンある
・通常武器以外に特殊武器がある
・オプションハンターが一番最初に出てきた作品


MSX版はシリーズの伝統であるステージ途中でやられた際のパワーアップの立て直しが非常に難しく、その結果、数ある沙羅曼蛇の中でも高難易度の作品になっています。



いかがだったでしょうか。

あとは、PCエンジン版もアーケード版の移植と思わせておいて”ちょっと違う”のですが、そこまで大きな変更ではないので今回は回会いします。この記事を『沙羅曼蛇』の機種別プレイを楽しむ際に、参考にしていただければ幸いです。


      



1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!


=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。