『ギャラガ’88(PCE版)』――シンプルなゲームデザインに集中して自分だけの戦場のドラマを思い描け!

Pocket

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
今回発掘したのは、1988年7月15日にナムコよりPCエンジン用シューティングゲームとして発売された『ギャラガ’88』。前年にアーケードにお目見えした同作品の移植版です。さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を掘り起こしていきましょう。

『ギャラガ’88』って、どんなゲーム

『ギャラガ’88』は、タイトーの『スペースインベーダー』の流れを組む1画面固定型シューティングゲームです。シリーズとしては、1作目『ギャラクシアン』、2作目『ギャラガ』、3作目『ギャプラス』につづく4作目。4作目なのに『ギャラガ』の名前を冠している通り、3作目『ギャプラス』からの進化ではなく、2作目『ギャラガ』の正統進化の続編して作られました。

これは憶測ですが、『ギャプラス』は画面下半分なら上下左右に移動可能、各種ブラスターヘッドの取り付けによって攻撃方法が変わるなど、時代に合わせた進化がなされた作品でした。しかし、それによって失われたものもあるわけです。左右にしか動けないという行動制限がある中で、敵編隊の軌道を読んで、攻撃ポイントを自分で考えて、掃射していく。『ギャラガ』ならではのシンプルがゆえの面白さを取り戻そうと考えたのではないでしょうか。

『ギャプラス』はいい作品ではありますが、『ギャラクシアン』『ギャラガ』を超えるインパクトは出せませんでした。シリーズが約4年止まっていたのも、正統進化としてリリースした『ギャプラス』がプレーヤーから思ったほど支持を得られなかった結果と見たのかもしれません。ゆえに、シリーズ最高傑作といわれる『ギャラガ』に立ち戻り、別進化のカタチを探ったのが、『ギャラガ’88』だったのではないかと思います。
 

『ギャラガ’88』は、『ギャラガ』の進化版です。『ギャラガ』というゲームは、画面上部に陣形を組んだ敵(ギャラガ)を1匹残らず撃っていき、すべての敵(約40匹)を殲滅させると1ステージクリアというゲーム。

敵ははじめから陣形を組んでおらず、画面の橋から編隊を組んで飛来してきます。そこで攻撃ポイントを予測し、掃射することで、陣形を組む前に多くの敵を倒すことが可能。つまり、「先手必勝」の原理が分かりやすく働くゲームです。敵は最大2編隊ごとにしか画面に登場しないため、「敵の第一波、来ます!」というノリで倒していきましょう。

『ギャラガ』という作品は、ある程度の連射こそ可能ですが、弾1発の重要性を感じられる作品で。1発撃ちもらす=敵の攻撃もしくは敵の接近を許してしまうことにつながり、こちらがやられるリスクが高まります。無駄弾はなるべく撃たない。確実に当てていく。自機の弾は連射で撃ち放題という近年のシューティングゲームに比べるとずいぶん地味ですが、ジャンルの違う緊迫感と面白さを感じられる作品でした。

そして、『ギャラガ’88』は上記のような『ギャラガ』の面白さを継承した作品なのです。
 

『ギャラガ’88』は、いろいろな動きで個性を出してくる宇宙昆虫軍団を倒していくゲームなのですが、敵を倒すと、花火のように散ったり、爆風を巻き起こしたり、いろいろなリアクションがあります。真っ暗な宇宙空間の中で、カラフルな色彩を放って消えていく敵。その1つひとつに派手さはないのですが、「なんかいい」のです。

俺たちは近年、分かりやすい派手な演出のゲームに触れる機会が多いですが、『ギャラガ’88』の演出は、花火で例えると線香花火。派手な音と光はありませんが、わずかな音と光で自身の存在をアピールするというか。そして、「派手な演出がなくてもゲームって面白いんだ」ということを、あらためて俺たちに教えてくれます。
 

Similar Posts: