【NEWS】ロックマンやストIIなどアーケード作品10タイトルが入ったカプコンのミニゲームハード『レトロステーション』、いよいよ予約解禁の件

Pocket

ジョーンズ
ジョーンズ

ロックマンっぽいデザインのカプコンが販売するミニゲームハード『レトロステーション』がいよいよ予約解禁になりました!この記事では、『レトロステーション』について、分かりやすく解説していきたいと思います。

created by Rinker
TRON RETRO STATION
¥21,780 (2021/04/14 08:25:54時点 Amazon調べ-詳細)

『レトロステーション』とは

すごく分かりやすく言うと、カプコン版のNEO GEO miniです。
ロックマンをイメージしたレトロチックな本体には、『ロックマン』シリーズ5作品、『ストリートファイターII』シリーズ5作品がプリインストールされており、購入すればすぐにゲームをプレイすることができます。

収録作品数ではNEO GEO miniに比べると見劣りしてしまうのですが、その分ハード性能に力を入れている印象です。

スティックは特別にカスタマイズされたフルサイズのスティックとボタン。ディスプレイは、高品質な8インチ1024 x 768解像度の4:3のLCDディスプレイ。10 Wの超重低音スピーカーを2つ搭載。ぶっちゃけ、このへんは実際にさわってみないと分からないのですが、ディスプレイサイズがNEO GEO miniが3.5インチだったのに対してレトロステーションは8インチ。かなり大きくなっていることが分かります。また、さりげなく、イヤホンジャックが付いている点もいいですね!

収録作品

・ロックマンパワーバトル
・ロックマンパワーバトル2
・ロックマンサッカー
・ロックマンX
・ロックマン&フォルテ
・ストリートファイターII
・ストリートファイターII’
・スーパーストリートファイターII
・スーパーパズルファイターII ターボ

ジョーンズ
ジョーンズ

アーケード作品が多めの印象だけど、一部、家庭用タイトルがあって、アーケードゲームのような体験ができるという点は面白いかもしれないですね。

その他の注目点

・HDMIでテレビに繋げて大画面でも遊べる
・専用スティックを別途購入すれば二人プレイもできる
・二台あれば短距離での無線オンライン対戦もできる
・本体価格 21780円
・専用スティック 6908円
・短距離オンライン対戦に必要な専用ドングル 3938円

俺の見解

ジョーンズ
ジョーンズ

ぶっちゃけ、お得感があるとは思えない。そこそこデカいので場所を食う。作品で遊ぶだけならこのハードをわざわざ購入する理由はないと思う。

ただし、レトロなインテリアとしてはなかなか面白い。かつ、誰も買わなさそうなところがかえって後々価格が高騰する可能性も秘めている。「ゲーム=遊ぶ」以外の価値観を持っている人なら、これはこれでアリなのではないでしょうか。

10年後、「そういえば、カプコンもミニゲームハード出していたな!ミニというにはデカかったけど!」といわれるハードかもしれませんね。

俺は、お金というのは「経験」に使うものだと思っていて、多くの人と同じ経験には価値がありませんが、他の人がやっていない経験には価値があります。配信すれば、PVを稼げますし、やりようによっては投資額を回収することも可能でしょう。この商品は、そういう商品なのかも。

created by Rinker
TRON RETRO STATION
¥21,780 (2021/04/14 08:25:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
TRON RETRO STATION
¥12,800 (2021/04/14 08:25:55時点 Amazon調べ-詳細)

公式ホームページはコチラ

www.retrostationarcade.com
▼「面白い!」と思ったら▼
下記2つのバナーのクリックをお願いしますm(_ _)m


 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。










この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: