『オルゴール サイキック・ディテクティブ・シリーズvol.4』――今度は、アダルティックでサイコな館モノ殺人事件!

Pocket

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
今回発掘した作品は、1993年8月にデータウエストから発売されたPCエンジンSUPER CD-rom2用ADV『Orgel(オルゴール)』前回紹介した『AYA(アヤ)』と同じ、FM TOWNSやPC9821シリーズで展開されていたPCゲーム用ADVサイキック・ディテクティブ・シリーズの第四弾の移植作品であり、『AYA』の後の話(といっても物語の関連性はない)になります。

サイコアナリスト降矢木、館モノに挑戦!

前作同様、主人公はサイコアナリスト・降矢木和哉(ふるやぎかずや)。彼は人間の心の中にマインドダイブするという特殊能力を持つ探偵であり、彼のもとには、その能力を用いなければ解決できない奇妙な事件がいつも舞い込んできます。今回の依頼は、有名建築家の妻である影藤智奈子(かげふじちなこ)から。この依頼内容は、近々、館に集まってくる5人の中に、館に代々伝わる自動人形を盗もうとしている者がいるのでそれを阻止してほしいというものでした。

かくして降矢木は、智奈子の夫が建てたという屋敷・奇談亭に赴き、5人の訪問者たちに交じって、情報収集を行ないながら、自動人形を盗もうとしている犯人を探し出すことになります。ところが、訪問者が集まった時点で開催されるというパーティはいつまで経っても始まらない。それどころか、主催者である智奈子は姿を見せず、かいがいしく働いていたばあやも姿を消してしまいます。一体、何が起ころうとしているのでしょうか。

そう、今回は探偵小説でいうところの「館モノ」。奇談亭という巨大で不可思議な洋館の中で、惨劇に立ち向かうというお話です。

事務所に到着してから20分も沈黙を守り続けるサイコな依頼者。
5人の容疑者たち。
降矢木が守ることを依頼されている市松人形。カラクリ人形らしいのだが…。

前回と異なり、オーソドックスな探偵ADVに

前作『AYA』は、本シリーズの特徴であるアニメーションとマインドダイブにスポットを当てた作風ということもあり、序盤から「いわゆるフツウのADVとは違いますよ」というテイストがぶちこまれていましたが、本作は逆に振り切ったカタチで、超オーソドックスな探偵ADVとなっています。

舞台である奇談亭は、2階建てのかなり大きな洋館です。その館内のいたるところに移動して、人と会ったら会話を行ない、その中で気になったことが出てきたら、その対象人物を館内で探して、直接聞いてみる…という展開がつづきます。いわゆるコマンド総当たりADVというやつですね。そう、フツウ。フツウなんです。ゆえに、シリーズ未経験者には非常にとっつきやすい作りとなっているのですが、シリーズを知る者としてはちょっと物足りない気がしなくもありません。

しかし、心配ご無用。「フツウのADV」という部分はすべて伏線であり、驚愕のラストへのミスリード。後半は、いつのもアダルティックでサイコな怒涛の展開が待っています。

洗濯機に身体を入れられて、ゴウンゴウンと足が回っています。
ここが、本作の舞台となる「奇談亭」。この奇妙な名前も建築家本人による命名だとか。
こちらは移動画面。このすべてを何回も回っていく必要があります。

【2につづく】