【PSストアのオススメ】『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』(PS1)――どこにも移植されていなかったX68000版とアレンジモードが遊べる!

Pocket

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
個人的にオススメのプレイステーションストアで買っておくべき作品を紹介する記事シリーズ。今回は、『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』をご紹介します。

『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』とは

X68000版『悪魔城ドラキュラ』と、その内容をプレイステーション用に変えたアレンジバージョンの2作が収録されている作品です。『悪魔城ドラキュラ』という作品は、1986年にファミコンディスクシステムで発売されたホラーアクションゲームであり、X68000版はそのリメイクになります。当時、ハイスペックPCとして有名だったシャープのX68000のスペックを使って、より美しいグラフィックに、よりスリリングに、より華麗な演出が施された名作でした。長年、X68000ユーザしか遊べなかった作品が、プレイステーションに移植されたこと自体が奇跡みたいなものでしたね。残念ながらステージBGMの音飛びや一部X68000版の使用が削られているのですが、プレイする分には大きく気にはならないと思います。

収録作品レビュー

https://retrogameraiders.com/archives/akumajo_dracula_x68000_review/
【良作発掘】『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』(PS1)――月下の夜想曲でファンになった新規ユーザーに向けての耽美系アレンジバージョン!
この記事は、レトロゲームファンの管理人がプレイステーションで出た『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』の魅力を語ったゲームレビューです。みなさんからの思い出もお待ち…
retrogameraiders.com

『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』のオススメポイント

ソフト自体の中古価格は高くになっており、2021年3月現在の駿河屋での価格は7980円。しかし、プレイステーションストアでは628円で購入できます。この価格のお買い得度がオススメポイントの1つ。

もう1つは、2Dグラフィックの美しさですね。プレイステーションは、ポリゴンゲームとドットゲームの過渡期のゲームハードであり、その多くはポリゴンで作られるのですが、本作は発売当時からレトロゲームの復刻ソフトという位置づけだったこともあり、美しいドット絵が楽しめます。アクションゲームとしては、万人受けする内容とは言いにくいですが、やっぱり『悪魔城ドラキュラ』であり、一定水準以上の高い完成度を誇るいいアクションゲームです。

PSストアページ

https://www.jp.playstation.com/software/title/jp0101npjj00704_000000000000000001.html
配信日2014年2月12日
ジャンルアクション
フォーマットPS3
PS Vita
PS Vita TV
PSP
[PSP-1000シリーズ/PSP-2000シリーズ/PSP-3000シリーズ/PSP-N1000(PSP go)シリーズ]
販売形態ダウンロード
スクリーンショット機能対応
PS Vitaでの動作PS3®やPSP®でのプレイとは一部異なる可能性がございますが、ゲームの進行には影響ございません。
CEROレーティング
(対象年齢)
暴力 CERO C
プレイヤー1人

関連記事

【シリーズ解説】『悪魔城ドラキュラ』シリーズ
この記事は、悪魔城ドラキュラシリーズについて、年代別の作品解説を行なっているものです。時代ごとに新たな主人公を迎えて、新しい物語が派生していく悪魔城ドラキュラシ…
retrogameraiders.com
▼「面白い!」と思ったら▼
下記2つのバナーのクリックをお願いしますm(_ _)m


 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。










この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: