『SONSON II』――地獄の沙汰もゼニー次第!かわいいカオした小悪魔的アクション。

Pocket

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
今回発掘した作品は、1989年1月27日にNECアベニューより発売されたPCエンジン用アクションゲーム『SONSON II』。さあ、今回も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を掘り起こしていきましょう。
 

ソンソンIIって、どんなゲーム?

前作『SONSON(ソンソン)』とは、『西遊記』の世界観をベースに、1Pソンソン(孫悟空)と2Pトントン(猪八戒)を操作して、弾を発射して襲いかかってくる敵を撃破していくアクションゲームでした。すべてのフィールドが6段構成となっており、1段ごとに移動しながら、1Pと2Pで協力し合って敵の編隊を撃破していくため、とにかく連射していけばなんとかなるシンプルさ、キャラクターの可愛さもあって、今でも気軽に遊べる作品です。

本作は、その続編にあたるのですが、ゲームシステムは一新。2P同時プレイはできなくなりました。1Pのソンソン(孫悟空)を操作して、敵を倒してお金を稼ぎつつ、ステージ内を冒険し、カギを見つけて、ボスを倒していくアクションゲームに生まれ変わっています。
 

その背景には、前作がゲームセンターで遊ぶアーケードゲームだったのに対し、本作は家庭用ゲーム機であるPCエンジン用のオリジナルソフトとして作られたことがあるでしょう。つまり、「1人でじっくり遊ぶゲーム」にモデルチェンジしたということです。

それぞれのステージは、上や下に移動できるツタ、別のエリアに進める扉や洞窟の穴が点在しており、「とりあえず行けるところは行ってみる」のが大切です。マップ中に浮かんでいるフルーツ、敵を倒すと出てくるフルーツは、取ることで「ゼニー」という単位のお金に換金。エリアを冒険していくことで、フルーツを取得できる機会は増えていくため、冒険していくべきなのです。

そして特筆すべきポイントは、本作では「ゼニーがあればあるほどラクに進めて、ゼニーがないほどハードモードになっていく」という、俺たちのリアル人生と同じシステムが搭載されています。
 

例えば、ステージ内にいる女の子は、アイテムを売ってくれます。お金さえあれば、何度でも体力を回復させることが可能です。また、本作にはコンティニュー機能がありません。しかし、とあるアイテムを購入することで、コンティニューが可能になります。そうそう、カベを数回壊せるアイテムがあるのですが、これがないと主人公の武器を強くする場所に行ないのでご注意を。そしてそして、ボス戦を有利に進めるために欠かせないサブウェポンは超強力なのですが、お店で買うことで使えます。

ステージ内には、オープニングでさらわれた猪八戒と沙悟浄もいるので助けましょう。助けると、彼らはこんなことを言ってきます。「アニキの持っている如意棒よりも強い武器を持っているんだけど、2000ゼニーでゆずってあげるよ」。

お分かりいただけたでしょうか。本作『SONSON II』は、ゼニーがあってナンボのアクションゲームなんです。そう、しょせんは金なのですよ。人生も、『SONSON II』も(涙)