『THE 功夫』――あの日、少年だった俺たちはクンフーを通じてPCエンジンを知った。

Pocket

こんにちは、レトロゲームレイダー/ジョーンズです。
今回発掘した作品は、1987年11月21日にハドソンからPCエンジン用クンフーアクションゲームとして発売された『THE 功夫』。功夫とは「イサオ」ではなく「クンフー」と読みます。それでは今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を、掘り起こしていきましょう。

『THE 功夫』ってどんなゲーム?

『THE 功夫』とは、1987年11月時点で、これまで家庭用ゲーム機では実現不可能だったデカキャラを動かし、グラフィックで痛みが伝わってくるような、未体験のクンフーアクションワールドに没入できる作品です。

これ(↑)はウソは言っていません。しかし、正確な作品紹介としては情報が足りていないので、もう少し情報を追加させていただくとこんな感じです。

『THE 功夫』とは、1987年11月時点で、 これまで家庭用ゲーム機では実現不可能だったデカキャラを動かし、敵を倒していくゲームなんだけど、その敵というのがやられるためにだけに前進してくるフードの男とかハエとか石とか扇子とかお盆とか転がってくる岩とかで、回復アイテムがウーロン茶はなぜか空中をフワフワ浮いていて、バイタリティゲージもダメージを受けているのかどうかよく分からない、ツッコミどころ満載の、未体験のクンフーアクションワールドに没入できる作品です。

ディスってはいませんよ!

ゲームブログやゲーム実況者の中には、本作のこのあたりをネタにして浅い笑いを取る人もいるようですが、当ブログでは、この摩訶不思議アドベンチャーな世界観を含めて『THE 功夫』の面白さだ、と紹介したいと思います。
 

実は、全員悪人のピカレスクロマン

あまり知られていない事実ですが、『THE 功夫』の登場人物は悪人ばかりです。以下が本作のストーリーとなります。

<ストーリー>
王(ワン)は、中国に古来より伝わる暗殺拳の使い手。謎の拳法集団によって乗っ取られた中国功夫界を取り戻すために、単身戦いに身を投じていく…。


解釈はさまざまですが、暗殺拳の使い手が、乗っ取るという武闘派っぽい手段に出る謎の拳法集団から、中国功夫界を力で取り戻すというストーリー。どうみても正義がどこにも感じられず、悪人しか出てこないピカレスクロマンとなっています。

ただし、ストーリーに出てくる謎の拳法集団ですが、ヘンです。遠くから石を投げてきたり(石使い)、ハエを向かわせたり(蟲使い)、扇子を投げてきたり(バトルファン?)、名前も娘々(ニャンニャン)、沙羅利曼(サラリーマン)、飲烏龍(ヤムウーロン)とふざけていたり、中にはバグったカラーリングのヤツまで出てくる始末であり、奇人変人を集めたなかなかの組織です。ダイバーシティを先取りしていたのかもしれませんが。

うーん、どうでしょう(笑)。